土俵際の対応⑤ なぜ、こうなった・・・

 

経営は、なぜこんなに厳しくなってしまったのでしょう・・・?

たしかに、楽な経営ではありませんでしたが、なんとか資金も回っていたはずなのです。

それなのに、いつのまにか経営の継続が難しくなるほど、資金繰りが悪化してしまいました。

土俵際まで追い込まれた理由は、いったい何だったのでしょうか。

  Read more…

土俵際の対応④ 知る・・・

経営が土俵際に追い込まれた状況で、正しい経営状況が把握できて、資金繰りも確保を出来たとします。

これで、土俵際から脱出するための、基本的な準備は終了したことになるのでしょう。

次のステージでは、本格的な対策を実施することになるのですが、その前に、どうしても取組んでいただきたい作業が1つ残っています。

同じ土俵際から脱出するにしても、よりベーターな結果を得るために、必要な『知識』を持っておくということなのです。

Read more…

土俵際の対応③ 資金繰り対策・・・

瀬戸際の経営状況に追い込まれてしまっても、何も諦めることなどありません。

貸借対照表や損益計算書が、たとえ悲惨な状況であろうとも、それだけで答えを決めつけることないでしょう。

事業継続は、運転資金さえ確保できれば十分に可能なのです。

難しいのは、いかに資金を確保するのかということであり、これからが本当の資金繰りだといえるのかもしれません。

  Read more…

土俵際の対応② 最初の判断・・・

債権債務処理に関する場面においては、机上の理論など無意味でしょう。

全ての判断が、関係者の損得に支配された判断基準により導かれる、本音と実践の世界だといえるのです。

厳しい経営状況において、学校で習った経営学などを振り回すのは、自殺行為だといえるのかもしれません。

  Read more…

土壇場の対応① 状況の把握・・・

 

経営者にとって、経営危機という厳しい環境は、大きな負担になります。

その拭いようのない負担は、経営者の精神を弱らせ、得体のしれない不安が拡大し、神経を過敏にしてしまうでしょう。

その結果、わずかな変化や情報に意味の無い反応を示し、環境をよりネガティブに向かわせてしまうのです。

これが、経営危機の怖さであり、負のスパイラルになります。

  Read more…

したたかな選択・・・

『事業を続けるのは、もう無理なのかもしれない・・・。』

中小零細企業の経営者は、突然にこんな状況に追い込まれるかもしれません。

そんなとき、経営者は、どの様に対応をすればいいのでしょうか。

  Read more…

日本政策金融公庫の対応・・・

ここ数年で、中小零細事業者に関する債務処理の環境は、大きく変化したように思います。

特に、信用保証協会や日本政策金融公庫といった公的機関の債権者の場合、その対応は目に見えて変化したように感じます。

平成26年2月から3年が経過し、中小零細事業者の債務処理の方向性について政府が大きく舵を大きく切って、確実に成果は根付き始めたのかもしれません。

  Read more…

建前だけの政策・・・

建前と本音というものが、世の中にはあります。

理想である建前と、現実という本音には、大きなギャップがあって当たり前なのかもしれません。

こんなこと、子供には教えたくありませんが、世の中は綺麗事だけで生きていけないのです。

この建前と本音のギャップを理解できないと、社会人としては、なかなか成功しないのも現実なのでしょう。

  Read more…

支払停止の交渉・・・

金融機関への対応は、資金的な命綱として中小零細事業者にとって大事です。

特に、資金繰りの厳しい経営危機の状況などにおいては、金融機関の対応が生死の分かれ目となりかねませんから、重要度も格段に増加します。

金融機関と対応テクニックは、その後の展開を大きく変える可能性があり、事業維持のために欠かすことの出来ない要素だともいえます。

では、金融機関とどの様に対応すべきなのかについて、具体的に考えてみたいと思います。

Read more…

借金と時効と・・・

逃げずに、まっ正面から借金に向き合いなさい・・・

時効の援用など、できるはずもなく考えるだけ無駄・・・

モラルに欠けないような対応をしなさい・・・などと、専門家は主張されます。

学校では、この様に習った記憶がありますが、実社会でも、この様な対応で合理性が確保できるのでしょうか。

  Read more…