激変の環境・・・

既存の環境に、安穏と過ごそうとしていた我々は、コロナウイルスに、厳しい現実の最前線に引き戻されたのでしょうか。

谷底での厳しい経営をたっぷりと経験し、人生経験も十分に積み重ね、残りのビジネスを処理できる程度のスキルは身に着けていたつもりでした。

ところが、このコロナウイルスの影響は、当たり前の常識が通用するような、生易しい環境の変化ではなかったのです。

環境が激変しすぎて、新たな知識やスキルがなければ、生きていくことさえ困難な状況になってしまい、今、我々を、新入社員を扱うかのように翻弄しているのかもしれません。

  Read more…

減免と猶予は違う・・・

 

ようやく、ご相談者に笑顔が戻ってきました。

緊急事態宣言が解除され、休業要請も無くなり、業務を再開することもできて、少しは将来を見通せるようになったからでしょうか。

コロナ対策の融資を受け、手元資金は潤沢ですし、税金も社会保険も1年間の納税猶予をしてもらいましたから、資金繰りも問題ありません。

しばらくは、平常に戻って、のんびりとさせていただきます・・・・えっ?

  Read more…

コロナでの融資交渉・・・

 

十分に事業の維持が可能で、融資も問題ないだろうと思っていた事業者なのに、何故か融資を断られてしまいました。

逆に、リスケジュール中で、いつ経営破綻しても不思議ではない事業者が、融資を受けられたのです。

このコロナウイルス環境下においては、融資の可否が、事業者の生死を分けるかもしれないのに、この違いは何なのでしょうか・・・。

色々と調べてみると、その理由が見えてきたのです。

  Read more…

コロナでの債権回収・・・

 

サービサーの対応が、急激に変化しました。

あれほど、頻繁に連絡をしてきて、無茶な要求を繰り返していたサービサーが、あまり連絡をしてこなくなりました。

たまに連絡があっても、妙に大人しく、そして優しくなったのです。

コロナウイルスは、債権回収の場面さえも、劇的に変えてしまったのかもしれません。

Read more…

コロナ危機での経営改善・・・

 

ある経営改善計画書を拝見して、愕然としました。

その表題は『再生計画』ですが、中身は『債権回収計画』にしか、私には見えないのです。

このコロナウイルスの影響下で作成されましたから、経営改善への取組みに無理があるのは判りますが、内容があまりにも偏っています。

債権回収に関しては具体的に記述されていますが、改善については、ほとんど触れられていないのです。

  Read more…

リスケ中での、コロナ対策・・・

 

瀕死の重傷だった事業者が蘇りました・・・。

構造不況のど真ん中で、どんな治療を施しても効果を得ることのできなかった事業者が、このコロナウイルスの環境で、一気に資金繰りが大幅改善してしまったのです。

別に何をしたわけでもなく、ただ、この厳しい環境下で、出来ることをして、使える制度を使い、精一杯に業務に取り組んでいるだけ・・・。

経営改善の成果がようやく表れたのかもしれませんが、このコロナの支援策が、経営危機に陥った事業者の資金繰りに大きく寄与したことは間違いないでしょう。

  Read more…

コロナ支援策のリスク・・・・

 

日曜の夜9時、日曜洋画劇場のスポンサーであった『レナウン』のCMは、我々の世代にとっては忘れられないサウンドでした。

『レナウン,レナウン娘が・・・』のフレーズのアップテンポな曲は、自然と口ずさむほど脳裏に浸み込んだ、青春の思い出でもあったのです。

そのレナウンが、このコロナにより倒産したというニュースは、環境の悪化による企業のデフォルトを、現実のものとして我々に強烈に再認識をさせました。

日本に留まらず、世界中でも大企業の破綻が続き、アルゼンチンという国家までデフォルト(何度目かのですが・・・)したのですから、本当に大変なことになりつつあり、今後の経済に不安を抱かずにはおられません。

Read more…

無担保のはずなのに・・・

無担保という意味について、考えさせられました。

政府は、コロナウイルスの影響から中小事業者を救おうと、様々な資金繰り支援策の資金繰り支援策を用意しました。

用意された制度は、政府の本気を感じさせる驚くような内容のものが多く、その代表的なものが『無利子』や『無担保』,『無保証料』という融資制度になります。

安倍総理が自らの口で何度もご説明をされ、政府の用意したパンフレットなどでも太字で具体的に明記されています。

ところが、政府の目の届かないところで、無担保であるはず融資において、民間金融機関が当然のごとく担保を要求してきたのです。

  Read more…

コロナ対策の疑問点・・・

 

今、経営危機の打開について、専門家になるために勉強をされておられる方が、私の周りに何名かおられます。

定期的に勉強会を開催したりして、専門知識を身に付けておられるのですが、知識については既に十分にお持ちの方がほとんどなのです。

ただ、実務の経験が乏しいために、頭でっかちの机上の空論的な発想が主体となってしまっているために、現実の実践的知識を身に付ける努力をされています。

そんな方から、コロナウイルス感染拡大の環境下での対応についてご質問がありましたので、その問答をご紹介させていただきたいと思います。

Read more…

究極の事業決断・・・

 

事業を整理する中小事業者が、我々の周りでも随分と増えてきました。

コロナウイルス感染症の拡大という外因により、緊急事態宣言の下で休業要請がなされ、その指示に従い休業をされている事業者が、事業の維持・継続を諦めて、整理を選択されるというのです。

借入をすることもなく、支払いの猶予を依頼するでもなく、自らの判断で事業の継続を諦めて整理を決断するというのは凄い覚悟だと思います。

その判断が正しいのかどうかは別にして その経営者としての覚悟には、この先の見えない環境下においてリスペクトするしかありません。

  Read more…