倒産屋でも、整理屋でもない・・・

久しぶりに、お客様から、私の仕事と整理屋の仕事との違いについて質問をされました。

以前は、私腹を肥やす悪徳の倒産屋や整理屋と、同じように捉えられることも多かったように思います。

表面的な業務内容だけを見れば、たしかに似通ったところがあるのかもしれませんが、実際の業務内容は全く異なり、共通するところなど全くありません。

整理屋などと間違われないため努力もしてきましたが、何もご存じないご相談者に、最初から理解し信用をいただくのはなかなか難しいようです。

  Read more…

遅れても、方法はある・・・

取り組みが早ければ、経営不安での対策についての選択肢は広がります。

そのタイミングは、結果についても大きな影響を与えますから、出来るだけ早く検討を始めて取り組まれることが大事なのです。

しかし、対応が遅くなったからといっても、対応策は残っていますから、諦めずに取り組むことも求められます。

債務処理の終盤になって、ようやく具体的な対策をされるような経営者も、実は珍しくありません。

  Read more…

取引先に気を遣う・・・

中小企業の経営者には、下請けさんに対して、上から目線で偉そうにされる方が少なくないようです。

そんな経営者に限って、お得意先にはペコペコされておられるのですが、日本の文化においては、当たり前と捉えられる姿勢なのかもしれません。

しかし、この様な姿勢をとるのは、債権・債務についての、大きな理解が抜けているからだと思います。

商売上のお金の流れから、得意先が債務者であり、取引先が債権者であるという事実を捉えれば、ペコペコする相手は取引先なのかもしれないのです。

  Read more…

経営者の自宅は守れる・・・

中小零細事業者は、事業の借入について、経営者が保証人になるというのは当たり前でした。

その結果、事業が破綻すれば、経営者も自宅などを含むすべての資産を喪失するのが、当然の流れだったといえます、

ところが、最近は、事業で金融事故をおこしても、経営者の自宅は守れるようになったのかもしれません。

個人版民事再生や経営者保証に関するガイドラインとは関係のない処理において、自然な対応の中で自宅を守れる事例が発生しているのです。

Read more…

誰に相談するのか・・・

事業再生には、様々なパターンがあります。

そして、支援する専門家としても、中小企業再生支援協議会や事業再生会社,や認定支援機関,専門コンサルタント、または税理士や中小企業診断士など様々に存在しますが、対応は同じではありません。

どんな専門家に相談するかによって、その後の展開は大きく変わることになりますから、目的や選択肢をしっかりと認識したうえで取り組む必要があるでしょう。

ある意味、事業再生や経営危機の打開は、最初に相談した専門家次第といっても言い過ぎではないのです。
Read more…

奥様の、瀬戸際でパワー・・・

人間、いざという場面では、凄まじい力を発揮するようです。

火事場の馬鹿力といいますが、経営危機に陥った場面において、普段は大人しい経営者が、想像もできないような力を発揮して急場を凌いだ事例には事欠きません。

ただ、よくよく状況を確認してみると、そんな成功事例の陰には、経営者の奥様が見え隠れしていることが少なくありません。

普段は、控えめで貞淑な奥様が、経営の瀬戸際において絶大な力を発揮し、経営者であるご主人を上手くコントロールされて、危機を脱することは珍しくないのです。

  Read more…

叩かれる倒産劇・・・

格安旅行会社てるみくらぶの山田社長などが、詐欺の疑いで逮捕されました。

大手金融機関が、粉飾を見抜けなかったのは間抜けな話だと思いますが、粉飾決算により2億円を騙しられたと訴えたための逮捕とのことです。

たしかに、『粉飾決算』や『計画倒産』という表現が、追及するメディアのニュースで多用され、倒産としては異質な印象を受けます。

『粉飾決算』や『計画倒産』は、実社会ではけっして珍しくはない行為なのに、てるみくらぶの倒産だけがこれほど叩かれるの、何か理由が存在するのでしょうか。

  Read more…

目的と対策と根拠・・・

サービサーに債権譲渡をされ、その後の弁済に関わる対応において、もっとも避けるべきは分割弁済を選択することだろうと思います。

果てしなく弁済が続き、遅延損害金も膨大に膨れ上がり、サービサーとの縁がいつまでも切れることがないからです。

初めてご相談来られた経営者が、その分割弁済をサービサーにされていましたので理由を確認すると、以前に相談していたコンサルタントの指示によるとの事でした。

最終的にどうする考えなのかと確認をしても、明確なお答えは返ってきません。

何故、その様な対応をするかという根拠や理由は理解されず、相談したコンサルタントの指示に従ったということなのですが、これでは債権債務の根本的な処理は難しいでしょう。

  Read more…

時効を、狙って成功させた・・・

 

借金や債務の時効など、完成させるはずがないという専門家は少なくありません。

しかし、実務の世界で、当たり前のように時効期間は成立しています。

私の周りでも、狙って時効期間を完成させた成功事例は多く、今回も、東京のご相談者の保証債務について、消滅時効の期間が完成しました。

長期にわたり、債権者と具体的な対応すれば、能動的に狙って時効を活用することは十分に可能なのです。

  Read more…

信用保証協会と支払督促・・・

信用保証協会は、債務者の実体を、もっと正確に理解する必要があるのではないでしょうか。

多くの、代位弁済後の債務者との対応事例を見てきましたが、根本的に大きな勘違いをしている様に思います。

不器用なくらいに真面目に誠意をもって弁済を続けている債務者に対しては、何故か、容赦なく厳しい対応を続けます。

しかし、信用保証協会の性格を理解し、巧妙に対応する債務者には、何故か緩い対応になるのです。

具体的な調査もせずに、外見や言葉だけで債務者を判断するから、この様な傾向になってしまうのでしょう。

Read more…