負債を背負わされた人生・・・

『何故、こんな事になったのか・・・』と、社長は苦悩されます。

社長の右腕として辣腕を発揮し、会社の業績を向上させて、専務にまで引き挙げられて、先代社長を補佐されてきました。

そして、先代社長が、ご高齢により引退をされるときには、新社長として指名をされたのです。

実の子供でもないのに、事業の後継者に指名されるというのは、驚きであり感激でもあったのですが、その後の社長業は、中小企業の悲哀の詰まったものでしかありませんでした。

  Read more…

最悪でも、その程度・・・

突然、電卓を持ち出して、目の前で収入の計算を始められました。

経営する事業が破綻した時、どの程度の収入が生活のために必要で、どうやって稼ぐかという計算を始められたのです。

未だ、大学に通う子供さんがおられますから、授業料などで大変なのは判りますが、今は、向き合う方向が違うように思います。

経営危機の打開に向けて、ご相談を始めたばかりですし、どんなことがあっても事業は守ると確認しあっていたところですから、そんな最悪の状況をリアルに検討する段階ではないと思うのですが・・・。

  Read more…

得な性格と損な性格・・・

経営危機という厳しい環境では、経営の知識や常識が通用しにくくなるものです。

熱心に勉強を積み重ね、真面目に経営に取り組んでおられる経営者ほど、経営危機の打開においては、スムーズに取り組めない傾向があります。

経営的な知識には劣るが、人付き合いの上手いポジティブな思考の経営者は、何故か、上手く経営危機を打開してしまうという傾向が見受けられます。

債権債務処理や経営危機打開の場面では、こんな事例が多く見受けられ、たまたま結果がそうなったのではなく、経営者のご性格が、そのような結果を呼び込むのではないかと思います。

  Read more…

コンサルタントの責任・・・

その専門家は、ただ『返済を止めろ!!』と、強く主張をされます。

自らの信ずる根拠を示しながら、返済を止めることだけが方法だと、状況や環境などお構いなしに説明をされるのです。

返済を止めること以外の方法や、置かれている環境や状況に適合した手段などには一切言及せず、何とか再生をさせたいという経営者の意志なども無視して、ただ、自らの主張だけをゴリ押しするようにしか受け止められません。

この主張の先にある結果について、この専門家は、責任をとれるのでしょうか・・・?

 

Read more…

勉強会を開催・・・

 

今まで、抱いたことのない様な不安を、抱くようになりました。

一人で仕事をしていると、これからの仕事の展開について、不安になってしまうのです。

仕事は順調なのですが、ふと自分の年齢や環境と向き合ったときに、何ともいえない重い気持ちが拭えません。

今まで、健康が当たり前だと思い込んでいましたが、自らの劣化と共に、万が一のことを考えると、言いようのない不安が沸き上がるようになってきたのです。

  Read more…

初対面で決まる・・・

信用保証協会に、代位弁済をされた経営者からご連絡をいただきました。

担当者から今後の返済について打ち合わせしたいので、信用保証協会に来るようにと連絡があったが、どの様に対応すればいいのかという問い合わせですが、この返答は簡単明瞭です。

『2~3日は髭を剃らず、持っている中で一番ボロボロの服を着て、スムーズに連肉をして訪問してください・・・。』

経営者は、この返答にビックリをされましたが、この段階での対応は、最大限の誠意を持って、今の厳しい現状を債権者に知ってもらうことに尽きるのだと思います。

  Read more…