手形のジャンプ・・・

究極の資金繰り対策として、手形のジャンプがあります。

大きな効果が期待出来ますが、取組むリスクも大きなものになります。

信用不安という副作用が流れれば、経営破綻にも直結しかねないのです。

他に、効果的な資金繰り方法がなくなった時に、はじめて、支払手形のジャンプへの取り組みは意味を持つという、最終最後の資金繰り手段だといえるのでしょう。 

Read more…

ここまでするか、債権回収・・・

 

金融機関の担当者も人の子だということなのでしょう。

損得勘定が判断基準のはずでも、限界を超えれば、感情をむき出しにして対応してきます。

損得勘定など関係なく、結果として損をするのが判っていても、手間暇をかけて債務者を追い詰めようとするのです。

ドラマの中だけと思っていた債権回収方法が、現実の世界でも繰り広げられます。

Read more…

リスケジュールと融資・・・

『えっ、それでは話が違う・・・。』

金融機関の担当者に、悪意があるわけではありませんが、融資をお願いする場面では、騙されたような結果になることが少なくありません。

担当者の言葉を、都合よく捉え過ぎた結果なのでしょうが、健全な経営状況での融資話なら大きな問題にはなりません。

しかし、資金繰りに切迫したような厳しい経営状況で、この様なことが起きると、破綻に繋がりかねません。

そうならないために、経営者は自ら予防するという意識で、期限を切った取り組みが大事になります。

  Read more…

凄い心構えの経営者・・・

昨日に、初回のご相談をしたばかりの経営者から、経営改善の取り組みの件でご連絡をいただきました。

『経営改善に取り組むにおいて、私の車を処分して、会社の軽四輪に乗ろうと思います・・・。』

このお話の内容は、経営改善を成功させるにおいて、極めて重要なキーワードになりますから驚きました。

これから取り組む経営改善では、雇用面においてもリストラに着手することになり、従業員に大きな様々な負担をかけることになります。

従業員に負担をかける状況において、まずは経営者である自分から率先垂範して変わろうという姿勢には、凄い経営者だと思うしかありません。

 

Read more…