リストラの誤解・・・

ご相談した3年前では、経営改善により十分に再生が可能な経営状況でした。

前向きで優秀な経営者であり、自らの力で、経営改善に取組まれたのですが、失敗するなどとは思っていません。

ところが、3年ぶりにご連絡をいただくと、なんと、この春で事業を整理されたとのことなのです。

紹介された専門家に相談して、経営改善に取組んだところ、大半の従業員が辞めてしまい、事業を続けられなくなってしまったといわれます・・・・。

  Read more…

金融機関の判断・・・

中小企業にとって、銀行などの金融機関は不可欠な存在です。

資金繰りを確保し、健全な経営を維持するには、金融機関との関係は極めて重要なテーマだといえます。

そんな金融機関は、金融や債権債務に関するプロですから、相対する中小企業経営者にも最低限の金融知識が求められるのは当然でしょう。。

さらに、交渉のプロでもある金融機関と対応するには、何を考え、どの様な判断基準なのかという、金融機関の特性を知ることも不可欠だといえるのです。

  Read more…

売掛金と棚卸・・・

ご相談者の内容を分析すれば、経営危機に陥る傾向を把握することは可能だと思います。

ご相談に来られる方には、共通する傾向が様々に見受けられ、その傾向を整理し分析することにより、経営危機を回避することも可能になるのかもしれません。

様々な傾向が存在する中で、本業はしっかりと利益を確保し有利子負債も多くないのに、資金繰りは厳しいというご相談は少なくありません。

その様なご相談におけるキーワードは、商品の管理と、売掛金の回収ということになります。

Read more…

命との競争・・・

『死』と直面した時、中小企業の経営者は、どうあるべきなのでしょうか。

そんなことを、日常において考えることなどありませんが、中小企業経営者の『死』は、大きな影響を従業員や取引先といった関係者に与えてしまいます。

突然に突きつけられた、自らの命の終焉を知った時、経営者は何なすべきなのでしょうか。

ある経営者は、死を突然に宣告された状況の中で、経営者として最後の責任を果たし、人として納得できる散り際を実現しようとされています。

  Read more…