サービサー、リスケ対応を親身にサポートいたします。
サービサー、リスケ対応を親身にサポートいたします。
東京や大阪に加え全国出張可能!
06-6253-8851
初回の電話相談(15分間)は無料です。電話受付時間 平日 9:00 - 18:00
メッセージ メッセージ メッセージ

法律家や専門家は、まず「破産ありき」の解決案を話されますが、
トップ経営研究所は、従業員を守り、取引先を守り、そしてあなた(経営者)の人生を守ることを何よりも優先しています。
もちろん、破産はその中の手段のひとつとして有効です。ただ、「それ以外に方法はない」というのは、間違いです!
さぁ、経営危機を今こそ、乗り越えましょう!

1000件を超える確かな実績 中小・零細企業のための会社再生コンサルタント&サポート

  • 今後の経営に不安を感じている方・・・
  • 金融機関との交渉に悩んでおられる方・・・
  • 会社再生や経営改善の方法が判らない方・・・
  • 資金繰りの厳しい方・・・
  • 借入金の返済で悩んでおられる方・・・
  • 競売や法的手続きの着手と脅されている方・・・
  • 信用保証協会やサービサーへの対応にお悩みの方・・・
  • 代位弁済や債権譲渡で悩んでおられる方・・・
  • 連帯保証人の問題で悩んでおられる方・・・
  • 人生に不安を感じておられる方・・・

お知らせ、記事更新ニュース 【一覧へ】

2016/12/02

債務処理環境の変化・・・ 【ブログ更新】

2016/11/29

感動のお誘い・・・ 【ブログ更新】

2016/11/25

経営改善と整理、同時進行・・・ 【ブログ更新】

2016/11/23

不良在庫が儲けの原石に・・・ 【ブログ更新】

2015/02/25

新しい本が出版されます。【ニュース更新】

最新TOPICS 【一覧へ】

どんな些細なことでもご遠慮なくご相談ください。

  • 返済猶予(リスケ)を効果的に活用
  • 信用保証協会やサービサーに即応
  • 経営者の人生を優先した会社再生
  • 事業も人生も諦めない経営危機打開
  • 生活や資産は守る経営危機打開
  • 少ない負担で効果的な経営危機対応
  • 経営者の不安を晴らす経営危機対応

一人で悩んでも、解決策には限界があります。
お電話でのご相談(初回15分無料)、
メールフォームでの無料相談
をご活用ください。
きっと、お気持ちは楽になります。

ご挨拶

サービサー、リスケ対応、会社再生、資金繰り、経営危機・・・悩んでおられる中小企業、零細企業の経営者様へ。

ほんの少しの、正しい知識さえあれば、経営危機は打開できるものです。

それなのに、間違った情報を信じて、最悪の結果を招く経営者の何と多い事でしょうか。
社会的影響力が低いと言われる中小零細企業でも、それに適応した対応を執ることで、会社再生への取り組みは容易になり、経営危機の打開も可能となるものなのです。

もう破産しかないと考えられる状況でも、正しい知識と情報を持って対応すれば、経営危機を打開する方法は必ず見つかります。ところが、多くの経営者は、この事実を知らずに、今よりも状況を悪化させる手段を選択されたり、簡単に最悪の答えを導き出そうとされてしまいます。
それは、経営者が、経営危機での対応策をご存じないだけでなく、世の中で大きな力を持つ組織や企業にとって都合のよい偏った情報や施策が浸透してしまっているからであり、その流布された間違った情報等を信じて対応を決めようとされるからでしょう。

中小零細企業の経営者は、大企業の様に資金や組織力や様々なバックアップがあるわけではなく、経営者自らが経営判断をしなければならないのですから、生き残るために、自らが会社の再生や経営危機打開の専門知識とノウハウを身につけなければなりません。そして、中小零細企業だからこそ出来る対策を、経営者が先頭に立って実践すれば、必ず目的は達成されるものだと思います。

私たちは、過去12年間で800件を超える会社の再生に携わった「経営危機打開」のプロフェッショナルです。
また、過去における自分自身の経験から、経営危機における経営者の心情や思考を充分に理解しています。

弊社のコンサルティングは、そのような環境にある経営者に合わせ、経営者と共に会社再生を目指すことを基本コンセプトにして、『生き残る』ことを最優先のテーマに、小さな企業でも会社再生が可能な手法と費用で、守るべき人のために、経営者が自らチャレンジされる方法をアドバイスさせていただいています。

目標を明確にし、諦めない強い心と、明るい前向きな気持ちで最善を尽くせば、必ずやその努力は報われます。
私たちがサポートをしますので、是非、会社再生を成し遂げ、笑顔で握手をさせてください。

代表取締役 主任研究員 菊岡 正博
ページトップへ